まだ新しい技術となっているレーシック

まだ新しい技術となっているレーシック


まだ新しい技術となっているレーシック
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。




まだ新しい技術となっているレーシックブログ:03 12 22

子供の脳の成長にとって、
父母馬鹿になることは良い効果をもたらすのだが…

問題なのは父母馬鹿を通り越して、
「馬鹿な父母」になってしまうことである。

例えば、
赤ちゃんが一人立ちした時に
仲間に報告するような場合。

順調に育てば、一人立ちをするのは当たり前であって、
自分たち夫婦はそれを非常に喜ぶことができても、
他の人たちもそうであるとは限らない。

特に気をつけるべきは、
年賀状に子供の写真をデカデカと載せ、
夫の仕事関連の人々に送りつけてしまうことである。

家内に年賀状作りを任せてしまうと、
これをやってしまうので要注意!

年賀状は去年1年間お世話になったお礼と、
今年1年間宜しくお願い致しますという手紙なので、
元日そうそうつまづいていると、
夫はろくな仕事ができなくなってしまう…

自分がどんなに父母馬鹿になっても構わないが、
我が子供の成長を喜んでくれるのは、
ごく限られた人々しかいないということを忘れてはならない。

だから
舅や姑と仲良くすることは大事だし、
親戚づきあいも大事なのである。

嫁姑の戦いを繰り広げたり、親戚付き合いをしなければ、
我が子供の成長を喜んでくれる人々を
確実に失ってしまうのである。

また、
家族で外出した時に、
外で余りにも父母馬鹿をさらけ出していたら、
それはそれでひんしゅくを買ってしまう。

家の外に出れば、
最低限の礼儀作法は守る必要性がある。

例えば子供と電車に乗った時、
子供を椅子に坐らしても、
すぐさまひっくり返って外の景色を見出すものだ。

その時、
子供と一緒になって景色を楽しむのではなく、
子供の靴を脱がして、椅子が汚れないようにすべきである。

父母馬鹿になっても、
父母として礼儀作法はきちんと守っておくべきなのである。

まだ新しい技術となっているレーシック

まだ新しい技術となっているレーシック

★メニュー

レーシックはどのような手順で行われるのか
まだ新しい技術となっているレーシック
裸眼で快適に生活することの出来るのがレーシック
レーシックも手術なので絶対に成功するとは限らない
何よりもレーシッククリニックのサポート体制に注目
過去のレーシック治療の実績数は確認
クリニックの数ある割引制度を利用してレーシック
レーシックの安全性は他の手術と比較して高い
日帰りで治療をすることが出来るレーシック手術
事前にレーシックで使用可能な給付金を確認しておきましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたの目が回復するレーシック手術