まだ新しい技術となっているレーシック

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

Amazon Web Services, Inc.
https://cloudpack.jp/term/



まだ新しい技術となっているレーシックブログ:13 5 23

父はあたくしを厳しく育てました。
小学生の時、少年野球をしていましたが
日々、スパルタで特訓を受けていました。

それはもう練習というよりは修行の様で
家の中で17時遅くまで特訓の日々が続きました。

父が投げた新聞紙で作ったボールを
連続でバットの芯に当てないと眠らせてもらえない…
父の投げたゴロを100球連続で捕らないと眠らせてもらえないのです。

1球でもはずせば、また一からやり直し。
最後まで気が抜けず、はずすと怒られました。
当時のあたくしは
「完璧でないお前はダメだ」と言われているように感じていました。

そんな父は早くに父母を亡くし、
親戚の家を転々として幼少期を過ごしてきました。

厳しい中で頑張ってきたのだと思いますし、
心のどこかで「完璧じゃないと自分は見捨てられる」
そんな思いもあったのかもしれません。

楽しんで始めた野球でしたが
プライドはズタズタにされ、野球を楽しむということも忘れてしまいましたし
20歳を過ぎるまであたくしは父のことを
どこか恨んでいたと思います。

だから物心ついた頃には年上の男性、
いわゆる上司という存在は
いつもあたくしのことを厳しくジャッジする人というイメージがついていました。

全員と言うわけではないのですがやはり上司の前では緊張し、
あまり本来の自分を表現できなかったと思います。

でも、本当はもっと父に褒めてもらいたかったのです。
ファインプレーをしたときに
「良くやったな」と頭を撫でてほしかったのです。

しかし、父は照れくさかったようです。
大人になってから、そのことに気付き始め、
その頃から、
「ただ父はあたくしに冷たくしたわけでもないのかもしれない」 と
父の気持ちを察してみるようになりました。